業務に合わせた動的なケース管理

人、プロセス、情報を一体化して複雑な作業を調整

効率性の向上と運用コストの削減

最適なケース管理アプリケーションを、これまでにない速さで設計、構築、監視し、継続的に改善します。ナレッジワーカーは、複数のソースからの情報収集が必要な問題に対処できるようになります。また、構造、コンテキスト、自動化を組み込むことによって、生産性を向上し、コストを削減できます。OutSystemsプラットフォームは、インシデント、調査、サービスリクエストなど、ケースの形態を問わず有効です。

プロセスエキスパートを支援

迅速なケース解決

可視性とチーム間コミュニケーションの向上

コンプライアンスの簡素化とリスクの軽減

ビジネスプロセスの継続的改善

オークランド市は、市民の懸念に応えて警察官向けの苦情申し立て用のケース管理アプリケーションを開発し、透明性を向上させています。

プロセスエキスパートを支援

ビジネスプロセスの仕組みを誰よりもよく知るのは、ビジネスプロセスの所有者です。 OutSystemsを使用すると、プロセスエキスパートがケース管理ソリューションを自由かつ柔軟に作成できるようになります。OutSystemsのワークフロービルダーは、ITが専門ではないユーザー向けに設計されています。そのため、プロセス所有者でもプロセス開発者でも、開発プロセスを抽象化した使いやすいウィザードを使用してビジネスを最適化できます。また、従来であれば数日や数週間かかっていたアプリケーション開発を数分で完了することができます。

迅速なケース解決

文書管理や、ケースを作成から完了まで追跡する作業メモによって、重要なコンテキストの見逃しを防ぎます。あらゆる社内/外部システムと連携できるため、データサイロも解消されます。また、適切なタスクを適切な承認担当者に割り振る自動ビジネスルールを使用して承認を効率化することで、最短でのケース解決が可能になります。

Shepherd and Wedderburnは、OutSystemsを使用して顧客向けの革新的なシステムを構築しています。このシステムのケース管理ソリューションにより、弁護士が20件以上の事件を処理できるようになりました。

業務の可視性とチーム間コミュニケーションの向上

最重要ケースを優先することで、より効率的にワークロードを管理できます。支援が必要な場合、またはケースが専門外の場合は、他のチームメンバーに委任することが可能です。共同作業の現状を把握できるため、チームメンバー間や部門間での連携が取りやすくなります。

BRI Securityは、作業を透明化することによってサービスとパフォーマンスを向上させました。

コンプライアンスの簡素化とリスクの軽減

コンプライアンスは複雑です。監査、報告、新たな規制、データ規約などへの対応は、企業にとって重荷となります。OutSystemsを使用すると、ケースに関連する商取引をすべて追跡して監査対応を容易にできるだけでなく、コンプライアンスプロセスを自動化して制裁金を回避することができます。

GarantiBankは、複雑なエンドツーエンドプロセスをデジタル化しながら、厳格なコンプライアンス基準も満たしています。

ビジネスプロセスの継続的改善

アプリケーション分析を使用すると、SLA、パフォーマンス、チームワークロードを把握できます。こうしたデータを手にすることで、リソースの配分を調整し、ビジネスプロセスを改善して業務のパフォーマンスを最大化できます。

BlueZestは、アジャイル開発によって住宅ローン審査アプリケーションを継続的に改善しています。

OutSystemsが支援できること

簡単な連携

OutSystemsでは、既存/新規システムとの連携を簡単に行うことができます。カスタムコードを書く(または書き直す)必要がなく、連携コネクタを設定するだけなので、より速く、かつエラーが発生しにくくなります。また、IoTやAI/機械学習機能を、ご利用のアプリケーションを追加することも可能です。

完璧なユーザーエクスペリエンス

機能的でデザイン性の高いアプリケーションを実現します。140ものUX/UIパターン、テンプレート、コントロールをデフォルトで利用できるため、一から設計・構築する必要がありません。デバイスを問わず、すべてのフォームファクタに単一のコードベースを実行します。

モバイルのスピードに対応

モバイルデバイスの画面やメニュー、ボタン、画面サイズなどは絶えず変化しており、モバイルアプリの開発には苦労はつきものです。しかし、OutSystemsを使用していれば話は別です。新しいモバイルOSにも定期的にサポートが追加されるため、変化のスピードに対応することができます。

OutSystemsでは、以下の高度なモバイル機能を提供しています。

  • クロスプラットフォームのUIライブラリ
  • シームレスなエクスペリエンス
  • セキュアなオフライン機能
  • ネイティブデバイス機能やセンサー向けのビルト済みプラグイン
  • ネイティブSDK向けにカスタムプラグインを構築できる拡張可能なプラットフォーム

将来的にも使用できるケース管理アプリ

OutSystemsで構築したアプリケーションは、標準アーキテクチャや標準フレームワークに準拠しています。アプリケーションは、専有コンポーネントやランタイムエンジン、インタプリタを必要としません。新しいフィールドサービスアプリケーションは、完全にオープンで、標準化・最適化・文書化されたサーバーコンポーネントおよびクライアントコンポーネントとして生成されます。また、ユーザーは知的財産をそのまま所有することが可能です

あらゆるユースケースに対応

あらゆるスタイルのケース管理

  • 調査
  • インシデント管理
  • サービスリクエスト

あらゆる業界を網羅

  • 保険
  • 銀行/金融
  • 官公庁
  • 教育機関
  • 医薬
  • 小売
  • 製造

対応ユースケース数に上限なし

  • クレーム管理
  • ローン組成
  • 警察への苦情
  • 現地調査
  • 人材獲得
  • ヘルプデスクのチケット発行
  • その他

ダイナミックケースマネジメント入門

ダイナミックケースマネジメント(DCM)とは何でしょうか。また、どのようなユーザーが利用し、今後の業務に向けてどのように役立つのでしょうか。

現在、業務の性質はタスクベースからナレッジ主導へと変化しており、これに伴い、サポートプロセスも変えていくことが求められています。「ダイナミックケースマネジメント(DCM)」と呼ばれるプラクティスをより理解することで、組織は先進的な方法で業務の効率を高めることができます。このeブックでは次のようなトピックを扱います。

  • DCMの基本と、ビジネスプロセス管理(BPM)との関係
  • ワークフローのパターンと一般的なユースケース
  • DCMソフトウェアの対象ユーザー
  • 最新アプリケーションプラットフォームとDCMの組み合わせが最適である理由
  • FICOやAmerican Integrityなどの企業が、OutSystemsで開発したDCMソリューションを利用して独自の課題を解決している方法
  • 大規模なデジタルトランスフォーメーション戦略の一環としてダイナミックケースマネジメントを利用するタイミング

登録フォーム

form is being loaded...

ダイナミックケースマネジメント入門

The Beginner’s Guide to Dynamic Case Management

eブックをダウンロード

関連リソース

American Integrity Insuranceは、事故受付ポータルを立ち上げ、電話対応件数と顧客対応時間を削減

American Integrity Insurance Groupは、目前に迫ったハリケーンシーズンに備えて、災害発生時に臨機応変に保険契約者にサービスを提供できる方法を短期間で考案する必要に迫られていました。

FICO® Origination Managerを半分の時間で一から再構築

FICOがOutSystemsを使用して同社のOrigination Managerの申請処理モジュールを低コストかつ半分の時間で一から再構築した方法をご確認ください。

Gartner 2020 Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms (MXDP)

「Gartner Magic Quadrant for Multiexperience Platforms」ではモバイル開発の主要なベンダーを評価しています。OutSystemsが2年連続でリーダーに位置付けられた理由をご確認ください。

OutSystemsで実現するケース管理