OutSystems for

リテール
バンク

ローコードで実現する快適なデジタルバンキングエクスペリエンス

offgrid image

今、オムニチャネルエクスペリエンスをパーソナライズして提供し、銀行のデジタルトランスフォーメーション戦略を顧客ライフサイクル全体に調和させることが求められています。これにより、顧客満足度や顧客維持率、全体的な顧客の全体的な収益性も向上します。OutSystemsを使用すると、包括的な真のデジタルトランスフォーメーションの実現が可能になります。汎用性と柔軟性の高いOutSystemsのローコードプラットフォーム、顧客中心のエクスペリエンスを構築し、競争優位性を確保できます。

顧客中心のデジタルエクスペリエンス

運用の効率性と生産性の向上

ローコードによるコアバンキングシステムの再生

リテールバンクの高成長・高利益率分野でFinTechや巨大IT企業が市場シェアを高める中、組織のデジタル戦略が問われています。

顧客中心のデジタルエクスペリエンス

OutSystemsを導入すると、顧客ライフサイクルの5つのフェーズに適したソリューションを構築し、顧客を獲得・維持できるようになります。さらに、顧客生涯価値も向上させることができます。

フェーズ1: ディスカバリ

ターゲット顧客に検索で見つけてもらえなかった場合や、Webサイトへの初回アクセス時に満足のいくサービスを提供できなかった場合、その後にどんなサービスを用意していても意味がありません。デジタルエクスペリエンスをマーケティングオートメーションやCRMソリューションにつなげることを可能にするビルド済みの連携機能を使用すると、Webサイトからのリードフローをフィルタリングし、リードメトリックに基づいて、エンリッチメント、スコアリング、最適なアクションへの割り当てを行うことができます。

フェーズ2: エクスペリエンス

購入フェーズでは、OutSystemsを使用することでプラットフォームを問わず、シームレスなカスタマーエクスペリエンスを構築できます。これにより、店舗に限定されたオンボーディングエクスペリエンスを完全にデジタル化できます。OutSystemsはアプリケーションとサードパーティシステムとの連携機能や顧客確認(KYC)ソリューションとの連携機能を備えているため、メッセージや写真付き身分証明書のほか、自動化された本人確認機能などによってWeb/モバイルユーザー認証を実現できます。

フェーズ3: エンゲージメント

OutSystemsを使用して顧客向けのセルフサービスポータルやモバイルアプリを構築することで、顧客は個人情報の表示や修正、取引の表示、支払いの実行、口座の利用に関するアラートの設定や管理を行うことができるようになります。

フェーズ4: サポート

次はサポート面です。リテールバンクの顧客が銀行に抱くマイナスのイメージを払拭するには、オンラインでサポートを提供することが求められます。J.D. Powersの調査によると、オンラインでのサポートを望む顧客は78%にのぼる一方で、実際にこうしたサポートを受けているのはわずか12%にすぎません。OutSystemsの単一のコードベースとオープンAPIを使用すると、常時対応のカスタマーサポートアプリケーションを構築できます。こうしたアプリケーションをチャット、音声、チャットボット、モバイルアプリ、Webに利用し、CRMと連携させることで応答率を最大化することができます。

フェーズ5: リテンション

顧客維持率と顧客ロイヤリティの大幅な向上を実現する新たな手段、それがAIです。OutSystemsのオープンAPIレイヤーを使用すると、あらゆるAIソリューション(IBM Watson、Google、AWSなど)とのシームレスな接続や、開発中のアプリケーションへのAI機能の搭載が可能になります。

銀行を商品中心の組織から顧客中心の組織へと生まれ変わらせる方法については、OutSystemsのeブックをダウンロードしてご確認ください。

運用の効率性と生産性の向上

Forrester Researchが最近実施した調査によると、顧客向けフロントエンドの変革に重点的に取り組んでいると回答した銀行が35%だったのに対し、バックエンドの運用機能に注力していると答えたのはわずか8%でした。顧客の求める精度を実現し、銀行のイノベーションや競争力向上に不可欠なデータを提供するうえで、バックエンドと運用は極めて重要です。それにもかかわらず、運用機能が軽視されているのはなぜでしょうか。それは、バックエンドや運用プロセスは開発が難しい場合があり、手間のわりに得られるものが少ないと認識されているためです。

OutSystemsを使用してビジュアル開発を行うと、開発期間が10分の1にまで短縮されます。そのため、デジタルオペレーションやバックエンドソリューションの開発に着手する余裕が生まれ、変化し続ける顧客ニーズや規制要件に対応できるようになります。さらに、ITチームはよりアジャイルになり、迅速な対応が可能になります。フィードバックサイクルの高速化は、短期間での反復的な更新につながります。つまり、デリバリーに要する時間が短縮されるのです。

ローコードによるコアバンキングシステムの再生

バックオフィスのレガシーコアバンキングシステムからの移行を想定していないリテールバンクは多いものです。レガシーコアバンキングシステムからデジタルシステムへの移行を望む場合、ビジネスに大きく影響する開発アプローチについて重要な意思決定を行う必要があります。OutSystemsのソリューションを使用すると、コアバンキングシステムの価値を最大限に高めるか、最新の柔軟なアーキテクチャに再構築するかを自由に選択できるようになります。

Thinkmoneyは、シームレスなエクスペリエンスでデジタルカスタマーサービスを変革し、顧客転換率を30%向上しました。

OutSystemsは、デジタルトランスフォーメーションの実現を支援しています。詳細は以下のリソースをご確認ください。

OutSystemsは、GartnerForresterにローコード開発のリーダーとして認められています。多くの銀行でアプリケーションバックログの軽減、開発コストの削減、運用プロセスやワークフローの効率化を支援しています。

リテールバンク向けの関連リソース

thinkmoneyは、顧客中心のDX推進にOutSystemsを活用

thinkmoneyがOutSystemsを使用してデジタルトランスフォーメーションを推進し、モバイルバンキングアプリなどの顧客向けアプリを14週間で構築した方法をご確認ください。

NES Financial Solves Scalability Challenges With OutSystems

With OutSystems, NES Financial added 50 percent more functionality to their eSTAC platform, replaced several legacy spreadsheets with a new solution that simplifies data entry on the front-end, and significantly improved back-end tracking and reporting processes.

FinTech Leader on the Rise: Finance Company Will Build Native Mobile Apps with Low-Code Platform

See how a finance company became a FinTech leader by replacing its core banking system and building native mobile apps with OutSystems low-code platform.